金融機関である銀行や信用金庫のマメ知識
様々なタイプの金融機関について
 
   
     
 

信託銀行で働くいろは

信託銀行の業務内容

信託銀行で扱う主な商品は、銀行業務と信託業務に分けることができます。銀行業務とは預金や貸し出し、為替などのことです。それに対して信託業務は大きく2つに分けることができます。信託業務と併営業務です。分かりやすく言うと、信託業務は信託を引き受ける業務のことで、金銭信託や有価証券の信託、不動産の信託などがあります。併営業務とは財産の管理処分の業務のことで、不動産の売買や鑑定、証券代行、遺言の作成や相続手続きなど相続関連業務などがこれに当たります。

金銭信託とは委託者である顧客から預かった資金を手形や有価証券などで運用して、収益を配当するという商品で、個人の利用では割合が大きい商品です。不動産信託は業務を代行して不動産の管理や運用を行い、諸経費を引いた収益を配当します。このような積極的かつ専門的な運用を代行できるのは信託銀行ならではなので、一定の財産を所有している中高年から高齢者層に利用が多い傾向にあります。最近では教育資金贈与信託や後見制度支援信託、知的財産権信託など新しい分野での信託商品も多く出てきています。

もちろん信託銀行ではこのような信託業務以外の銀行業務も扱っているので、銀行業務の利用を目的に利用する顧客も少なくありません。定期預金の金利が平均水準よりも高い信託銀行などもあり、特別金利のようなタイミングを狙って口座を開設すれば、普通銀行と遜色ない高い高金利で資産を運用することができます。そして資産が一定以上貯まったら金銭信託にシフトするといった運用の連動が行えるというメリットもあります。

 
 
Homepage Vorlagen