金融機関である銀行のマメ知識
様々なタイプの銀行について
 
   
     
 

鹿児島銀行のマメ知識

鹿児島銀行で預金

鹿児島銀行の特徴は、ズバリ各種預金商品が多いことです。とくに円預金の種類が多く、多彩なニーズに応えることができるのが強みです。人気が高いのはやはり円定期預金ですが、一口に定期預金といっても様々な商品があります。スーパー定期や大口定期預金、積立定期預金、通知預金などなど。金利タイプや利用目的によっても複数に分けることができます。とはいえ金利タイプのおすすめは基本的に複利型ですし、よく使われる商品はだいたい決まっています。

金融機関でおすすめの商品を選ぶには、ホームページや店頭で派手に紹介されている商品を選ぶといいでしょう。なぜなら目立って宣伝されている商品はキャンペーン中であったり、よく利用される人気の高い商品だからです。鹿児島銀行で人気の商品は総合口座や金利上乗せの貯蓄預金、積立定期預金となっています。こうした商品の特徴は引き出しの制限が少なく、金利が高い傾向にあるということです。

鹿児島県内や鹿児島銀行の営業範囲に住んでいる場合は、財形貯蓄もおすすめです。財形貯蓄というのはサラリーマンの給与から天引きされる形で貯蓄される預金のことで、契約してしまえば半強制的に貯蓄されるため、確実にお金が貯まるというメリットがあります。地方銀行の場合はその地域の中小企業が契約している場合も多いので、ローンや年金関連の商品を併せて利用することでメリットが増えることがあります。ただし全ての会社で利用できるわけではありません。

最近は為替差益による利益の可能性があるため、外貨預金に対する関心が高まりつつあります。しかし外貨預金は為替の動向によって為替差益が発生しないこともあり、難易度の高い預金です。とくに外貨定期預金となると預金金利の変動や円安・円高などの影響を受けるため、運にも左右されてしまいます。鹿児島銀行ではドルなど安定性のある通貨を取り扱っていますが、利用には十分に注意しましょう。

 
 
Homepage Vorlagen