金融機関である銀行のマメ知識
様々なタイプの銀行について
 
   
     
 

信託銀行で働くいろは

アクチュアリーとは

アクチュアリーとはビジネスにおいて将来性のリスクや不確実性を分析し、評価する専門職です。日本では知名度の低い職業ですがアメリカではとても人気が高い職業で、日本でもここ数年で需要と人気が上昇しています。しかし国内でアクチュアリーの資格を持つ人はまだ数千人しかおらず、希少価値が高い上に重要な仕事を任されるため、新卒でも転職でも高給を得られる仕事です。

アクチュアリーの仕事はたとえば保険金や保険料の算出、年金の計算、法人の財政上のアドバイザーなども行います。金融機関では中枢に属する業務を任されるため、仕事が多いですが早めのステップアップが期待できます。日本国内でアクチュアリーと名乗れるのは基本的に日本アクチュアリー会の正会員で、会員資格取得には毎年実施される試験の合格と研修の受講が必須です。

アクチュアリー資格は金融機関で使えるほかの資格に比べると専門性が高く、専門職になるため資格の難易度も高いです。そればかりかアクチュアリーとして従事できるようになるまでに時間もかかります。そのためアクチュアリーを目指す場合は学生のうちから手を付けておくか、仕事をしながら計画的に勉強を進める必要があります。

アクチュアリーは1次試験(基礎科目)と2次試験(専門科目)があり、1次試験を受けるには大卒もしくは大卒同等の学力があると判断される必要があります。科目は数学、生保数理、損保数理、年金数理、会計・経済・投資理論の5科目です。基本的に文系ですが計算能力が必要なので数学科目があることが特徴で、意外と数学で落ちる割合が高いため要注意です。

 
 
Homepage Vorlagen