金融機関である銀行や信用金庫のマメ知識
様々なタイプの金融機関について
 
   
     
 

信託銀行で働くいろは

信託銀行への転職

一昔前までは一度就職した会社に退職までずっと勤めるというケースが珍しくありませんでしたが、最近では転職に抵抗のない人がほとんどです。金融業界でも金融機関同士で転職する人がけっこう多いです。というのも金融機関など金融業界は給与が高いぶん仕事が多いところが多く、あまり給与水準が下がらない大手から中堅の間でジョブチェンジする人が増えるのです。

信託銀行は財務のデパートなどと言われることもあり、専門性が高いために若手の頃は資格取得が大変ですが、転職の際も資格が有利に働くというメリットがあります。専門性が高いほうが転職も成功しやすい傾向にあります。しかし信託銀行では資格取得を推進しているものの、どの資格を取ってどんなキャリアを築くかは自分次第です。そのため入社して早いうちに資格取得とキャリア設計をしておくとキャリアアップと転職のリスクに備えることができます。

転職の際には前職の退職理由と今後のキャリア設計をよく見られます。そのため現在の職を辞めて信託銀行に転職を考えている場合は、あまりネガティブな印象をもたれない退職理由を考える必要があります。できれば退職して安定した給与がなくなる前に有利な資格を取っておくと無難でしょう。同じ金融機関でも信託向けの資格を持っているとは限りません。

転職は新卒と違ってある程度スキルがある即戦力の需要があります。そのため自分が即戦力となり信託銀行側の需要にあった人材であることをアピールできれば転職が成功しやすくなります。どんな人材が欲しいかは信託銀行によって違いますが、今後成長させたいマーケットや部門のファイナンス力や実績、実行力がある人材を取る傾向にあります。そのため信託銀行の経営業況をリサーチしておくとピンポイントで転職先を絞ることができます。

 
 
Homepage Vorlagen